水素ガス濃度の表示がよく判りません。

他社品は容器の下部の一面上に陰極と陽極があるため極間で水素ガス・酸素ガスが発生し、容器内の水で再結合が生じるため高濃度の水素ガスを生成することができません。

「Dr.水素浴」は水素ガスのみの状態になり、高濃度の水素を生成することができます。

Dr.水素浴は生体ガス測定メーカー株式会社タイヨウによる水素分析結果を取得した水素浴装置です。

水素ガスの濃度表示は「ppm」という単位がよく使われます。

単位表示にはいろいろと問題があり、そのため一般の方には判りにくかったり、正確さを欠いてしまったりという事があるのです。

「ppm」は「parts-per-million」すなわち100万分の1という意味で、ごく小さな濃度などの数値を表すのに使います。

ここで重要なのは、ppmとは単に100万分の1という割合を示しているだけであって、重さや、大きさを表す単位ではないということです。

通常気体の濃度は体積比で表しますが、物質は気体になると体積が大きくなりますから、濃度の数値も大きくなります。

たとえば、水素水で1.6ppmの場合それを水素ガス濃度に換算すると、17,000ppm以上の数値になります。

ですがこの換算のやり方も「単位容積あたり、水素分子が何個(モル)存在するか」を正しい方法で算出しないと、液体と気体に含まれる量を比較できません。

そのことから、重要なのは水素ガス濃度は「第三者の測定機関で行った検査結果」が最も信頼できます。