水素浴装置の機種によって水素の質が変わることはありませんか?

水素ガスの作り方にはいくつかの方法があります。

最もシンプルなのは、水の電気分解でこの方法ではマイナス電極側に水素が発生します。

電気を使わない方法として、マグネシウムに水をつけて燃焼させ、水素と酸化マグネシウムを作るやり方があります。

工業用ではアルコールなどの炭化水素から作る方法もありますし、水を加熱して水蒸気にし、さらに2500℃にまで熱して水素分子と酸素分子に分離する、という手法もあります。このように水素の作り方は色々ですが、作り方によって水素そのものの質が変わるという事はありません。

家庭用水素ガス生成器のほとんどは、水の電気分解によって水素を生成しますが、作られる水素の量は変わっても水素の質はみな同じです。

機器によって水素の作用が高まったり、人体への吸収性が変わったりという事はありません。もっともらしいキャッチコピー等に惑わされないようにしてください。