美容と健康のカギとは?

ダイエット・美肌・アンチエイジング ・健康のカギ「腸」


腸は唯一体外と接触する臓器となっています、なので一番体内に毒素も溜まりやすい所でもあります。
毒素を溜め込みすぎると、カラダの不調につながってしまいます、また腸は気持ちや感情に作用する神経細胞が多いため、緊張や不安から便秘やお腹がゆるくなることも、、、、
腸が身体に与えるものが何かを知ることが美と健康への第一歩です!!



「おなかが張ってツライ」「もう何日もお通じが……」そんな悩みを抱えた方はきっと多いでしょう。しかし、お通じ以外にも「口臭」や「肥満」、「肌荒れ」、さらには「イライラする」「抑うつ」といった症状も「腸」が関係していると知っていましたか?
腸とは、「小腸」と「大腸」の総称。胃から入ってきた食べ物は、小腸が栄養分の吸収と消化、大腸が水分の吸収と排泄を担当しています。からだの中でも密接に外の世界と関わっている臓器。食べ物や飲み物を通じて、病原菌やウイルスが入り込んでくる場所でもあります。そのため、常にからだを防御するように鍛えられている器官でもあり、腸の健康が、からだ全体の健康に影響するといわれています。

腸はカラダの中で大活躍!!!

+食べものを栄養素として吸収し血液に運ぶ。
+有害な物質、菌の侵入から守る
+免疫UP!
「幸せホルモン:セロトニンの9割は腸で作られる!!!」

腸内には100種類以上100兆個に及ぶ腸内細菌がいて重さにしてなんと約1kg!
この腸内細菌がお花畑のように生息していることから、腸内フローラと呼ばれています。
その腸内フローラは、「善玉菌20%」「悪玉菌10%」どっちの味方にもなる「日和見菌70%」の3種類で構成されており、この細菌のバランスが腸内環境に影響しているのです。

 

腸内細菌のバランスが崩れると?


悪玉菌が増加してしまうと体に様々な影響を起こしてしまいます。
もしかしたら、お悩みの原因は腸内環境の乱れかも・・・?

悪玉菌が作り出す有害物質で起こること

・便やオナラが臭う
・お腹の張りや腹痛
・免疫力が落ちる(リンパ球の働きが鈍る)
・血流を悪くし、栄養が毛細血管に十分に行き届かず臓器本来の力が発揮できない。
・荒れや体臭、口臭
・胃腸不良や胸やけ
・自律神経失調症
・倦怠感や疲労、風邪や口内炎

など心と体に様々な影響の原因となります。

悪玉菌の大好物は「消化の悪い肉」や「食物繊維不足」、「過度なストレス」「運動不足」などがあげられます。以下のような症状がある方は、悪玉菌が増えている可能性アリ!

 

腸の健康は体の健康!!

腸の夏バテ

夏の暑さや、冷たい食べ物・飲み物で、実は腸はヘトヘト状態。
腸は自律神経と直接つながっているため、腸の不調はダイレクトに身体の不調へつながります。
また「脳腸相関」と呼ばれるほど脳と腸は密接に関係があり、腸の不調が気力低下やうつなどの精神状態にも関係していると考えられています。

弱った腸が招く体の不調

腸は冷えに非常に敏感です。
腸が冷えると動きが鈍くなり、排便がスムーズに行われなくなります。
そうなると腸内細菌のバランスが崩れ腸内環境が悪化してしまい、体調不良や肌荒れ、大腸ガンのリスクを高めてしまいます。

自律神経とは?



自律神経とは、「呼吸」「代謝」「体温調節」など、無意識のうちに体の働きをコントロールしてくれています。
寝ている時の呼吸も自律神経のおかげです。でも、体や内臓は夜の休憩が必要です。それをコントロールしているのも自律神経なのです。
自律神経は大きく2つに分かれており、バランスがとっても大切。主に副交感神経が上下することでバランスをとっていると言われてますが、この副交感神経は、加齢やストレス、緊張などでも低下するため現代人は副交感神経が低下している人が増えているのです。


なぜ男性は便秘になりにくく下痢症が多いの?

男性は約3割が下痢に悩まされているそうです。
男性に下痢症が多い理由としてよく言われるのは、男性はアルコールや冷たい飲み物、脂っこい食べ物を多く食べるので消化不良を起こしやすいというものです。
また、男性は女性よりも筋力が強いので、腹筋が弱いことで起こる排便困難を起こしにくいといわれています。
そして男性はストレスによる下痢が考えられます。
うまくストレス発散をするようにしましょう。

解決するには?!

アルコールやコーヒーの飲みすぎ、香辛料などの刺激物・脂っこい食べ物の摂りすぎに気を付けましょう。
またストレスを感じている方は規則正しい生活をこころがけしっかりと睡眠をとるように心がけて下さい。
なかなか規則正しい生活が難しいという方は発酵食品を増やすなど乳酸菌を摂取するのがおすすめです。


なぜ女性は便秘になりやすいの?

女性は男性より筋力が弱く、腸を動かすための腹筋不足がまず理由としてあげられます。
また、子宮があるため腸が圧迫されること。生理周期によるホルモンバランスの変化の影響でも便秘が生じやすいといわれています。
カラダの構造としても女性は骨盤が広くなっており、骨盤は腸の近くにあるため腸が下がってしまうこともあり、腸の形が不安定になって蠕動運動を起こしにくくなるというのも女性ならではの便秘の原因です。
そしてさらにダイエットをしているという方は
・筋力の低下
・便の材料となる食べ物自体の不足
・食物繊維不足や水分不足
により便秘を起こしがちになります。

解決するには?!

食物繊維が多い食べ物
を摂取し水分をよく摂り腹筋を鍛えて排便困難を防ぎましょう。
また、無理なダイエットはできるだけ避けましょう。
朝食後は便意が起きやすいので、朝食の摂取とその後の排便を心がけましょう


腸内環境を整えて素敵な毎日を過ごす心と身体づくりを叶えましょう!

腸活のメリットと食事ポイントについて、ご紹介いたしました。良い腸に整え、キープする。これこそが、健康と美の要といっても過言ではないでしょう。ぜひ、あなたもちょっとだけ腸を意識して生活することを始めてみてください。

「腸活」と聞くと、なんだか大変そう、続かなさそう……と思っている方も多いかもしれません。しかし、実は難しいことは特になく、毎日の生活習慣や食事を見直すことですぐに実践できます。起床時間や食事の時間を規則正しく過ごしたり、食生活を見直して和食を中心に、食物繊維やオリゴ糖を積極的に摂るようにするなど、その1つひとつはなにも特別なことではありません。そして何より大切な腸活の基本は、『毎日続けて習慣にすること!!!』 腸内細菌の重要性が定着するにつれて、ますます注目度が増している菌の世界。むやみに除菌しないで自身のもつ常在菌と上手く付き合うお手入れ方法は、“育菌”ケアと言われ注目されています。腸内ケアも外から菌を取り入れるだけでなく、自分の菌をいかに“育てて”&“活用”できるか、つまり“育菌”&“菌活”。そんな、”Wケアが新しい腸内ケアのポイントになってきそうです。

日々の生活を振り返って腸のよろこぶことをしましょう!!!